看板の寿命ってどれくらい?/さくらサイン

さくらサインは沖縄名護のお店の看板制作とデザインを行います

看板の寿命ってどれくらい?

2009年04月10日

Q

3年ほど前に看板を付けたのですが、若干色褪せが目立ってきたような気がします。あと、サビも所々でてきてます。そろそろ寿命なのでしょうか?

A

看板の寿命については使用材料、取付場所(環境)などによって変わってきますが、当社が今までに製作した中で、早くて1年~長持ちして20年以上の物も過去にはあります。

最近の看板用の資材(ペンキ、カッティングシール、溶剤インクジェット印刷など)は耐候性を3年~5年で設計しているものがほとんどで、それをメインで使ってる看板屋さんが多いです。
沖縄の場合は紫外線が強く、塩害もありますのでメーカー設定の年数より70%~60%(当社の過去の経験測です)ぐらい物持ちが悪くなります。特に太陽が長時間当たる南面は退色がさらに早くなります。

サビの件ですが、そのまま放置しておくと後で大変なことになりますので早めに処理をしたほうがいいかと思います。
現場を確認していないので憶測ですが、おそらく溶接部分から出てきてると思われますので
【 サビ落し → 磨き → サビ止め処理 】
をすれば(サビの状態にもよりますが)まだまだ問題はないかと思います。

色褪せに関して、取付から3年は経過してるとのことなので、おそらく寿命が近づいてる可能性が高いので、リフレッシュの方向で検討されたほうがいいかと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on TumblrShare on Google+

前に戻る

このページの上へ

所在地:〒905-0017 沖縄県名護市大中4-15-16 ゴールドキャッスル 1F

電話:0980-52-0549 Fax:0980-43-6258

沖縄の名護にある看板屋さんです。診断、ご相談からデザイン、制作まで一貫したサービスを行います。

2009-2017 © さくらサイン
沖縄のブランドコンサルティング ML Design(エムエルデザイン)
このページの上へ