南西食品 株式会社 様/さくらサイン

さくらサインは沖縄名護のお店の看板制作とデザインを行います

南西食品 株式会社 様

2011年05月11日

【屋上広告チャンネル文字】

ビルの屋上に20年以上付いてる浮文字看板。

文字の一部が老朽化で剥がれ落ちてしまってるため、新しく看板を取り替える工事を行いました。

8階建てのビルの屋上なので実際には10階ぐらいの高さのところでの作業です。

↓ ↓ 全部で4面あるのですが、こちらも剥がれ落ちてます。

他の文字は遠目から見ると問題なさそうですが、近くでみると…

あらら、剥離現象が起きてますね。

↓ ↓ このままだと剥がれ落ちるのも時間の問題。

しっかりと付いてる文字も、ベースとなってるカットボード(スポンジみたいな素材)が長年の雨風でひび割れて削り取られてます。↓ ↓

この状態だと良くもちこたえてるほうで…いや、むしろ持ち過ぎです。

看板の寿命としては100点満点以上ですね。

これを施工した業者さんは、しっかりといい仕事をしてます。

さぁ、いよいよ作業開始。

最初は文字を4面全部撤去します。

↓ ↓ 茶色く見えるのは接着剤です。

 

ピンみたいな金具は接着力が弱くなっても落下を防ぐためのものですが、この場所結構風が強く、ピンを打っても取れてしまったようです。↓ ↓

シンナーでボンドを拭き取ります。

↓ ↓ 輪郭の黒いラインは水あかです。これもきれいに取ります。

↓ ↓ サビはサビ落しで除去。

↓ ↓ はい、こんなにきれいになりました。

後は文字の位置を決めてアンカーボルトを打ち込んでしっかりと取り付ければ…完成です。↓ ↓

今回、新しく付けた看板は材質をグレードアップしたステンレス製の箱文字をチョイスしてます。これ、結構な金額します。

しますが、なぜこれをチョイスしたかと言うと…

建物の10階の位置でこの面積になると看板代より足場代のほうが高いです。

下手に看板代を安く押さえて寿命が短く、早くで色あせたり、台風で剥がれ落ちたりすると、補修に数百万の金額が掛かります。

長期的に見ると材質をグレードアップしたほうが、結果的にコストが安く押さえられます。

お客様にも説明をして、納得していただきました。

【工事完了】↓ ↓

施工日 : 2011年02月10日

■■■ 看板の仕様と価格 ■■■

【詳細】
種類 : ステン箱文字
サイズ : W/5,100㎜ × H/900㎜ × t/100㎜
材質 : ステンレス
加工 : 本体:ウレタン(白)塗装 + 表面:塩ビシート貼り

【料金】
ステン箱文字製作費(2面) : ¥525,000
既存文字撤去費(4面) : ¥40,000
新規取付施工費(2面) : ¥120,000

トータル : ¥685,000(税別)

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on TumblrShare on Google+

前に戻る

このページの上へ

所在地:〒905-0017 沖縄県名護市大中4-15-16 ゴールドキャッスル 1F

電話:0980-52-0549 Fax:0980-43-6258

沖縄の名護にある看板屋さんです。診断、ご相談からデザイン、制作まで一貫したサービスを行います。

2009-2017 © さくらサイン
沖縄のブランドコンサルティング ML Design(エムエルデザイン)
このページの上へ